NEIRO2018(ニキヒルズ・白)

4歳の息子が「なんで?」全開になってきたので、
図書館に行って図鑑をたくさん借りてくる。

不思議に思うことはいいことだし、
極力、彼が納得できるまで付き合いたいところ。

冬場にしっかりそういうことをやっておかないとな。

さて、今日のワイン。
試飲会のニキヒルズ・ワイナリーのブースのラスト。

IMG_9819

ケルナーが続いたが、最後はバッカス。

一口飲んでびっくり。
通常のバッカスではあまり感じない桃の印象を受ける。
フルーティーな香りが個性的で、これはかなり好きだな。

アルコール度数は10度と低めだが、
わずかな残糖感と、南方フルーツのテイストが、
なかなかリッチな感じを生み出している。

ワインが苦手というひとにも勧めやすそう。
バッカスという品種を見直した1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。