モスカート・スプマンテ(イタリア・泡)

多忙で刺激的な1日の終わりには、
ゆるっとしたワインが飲みたくなる。

IMG_8953

というわけで、セコマさんにて甘めの泡。

アルコール度数もそんなに高くないし、
難しいこと考えなくてもするっと飲める。

甘やかでいて、アクセントにオレンジピールの香りがあるあたり、
ただ物ではないな~と感じる。

最近、リアルにワイン造りへの道が見えてきて、
自分としてはワインの水先案内人のような存在を目指したい、
と思うようになった。

つまり、ワインを飲んだことない人や、苦手な人が手に取って、
「あ、美味しいかも」と思えるような手ごろな価格のワイン。

そこからハマって、北海道の最高品質のワインを求める、
そんなワイン・ラヴァーになってくれれば本望。

そして、そうなった暁には、
きっと僕の造ったワインは
「あんな甘くて気の抜けたワイン」とか酷評されるんだ笑

僕もシュバルツカッツとか、自分をワインの沼へと導いた、
甘口の白を長らくそうやって格下のものだと決めつけてきた。

でも結局、原点はそこで、
そのスタートの甘口白がなければ、今の僕は無いわけだ。

「甘口と 親父の小言は 後で効く」

ってやつですね笑

一周回って、
「まぁなんだかんだ言って、あれがスタートだったよな」
と言われるような、そんなワインを造ってみたい。

そんなことを考えながら飲む軽い泡でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。