ワイン読本~由美ちゃん、ワイン造るの?~

雨なので、農作業は休み。
読書やら家事の片づけやら、息子と遊んだりして過ごす。

というわけで、久々のワイン読本シリーズ。

ご存じ、田辺由美さんの作品。
田辺さんには北海道ワインアカデミーで大変お世話になった。

今回、畑に庭から山幸と清舞を5株ずつ移植した。
以前に苗木を購入して庭に植えてあったもの。

それもあり、この品種を生み出した、
元・十勝町長の故・丸谷金保氏の娘さんでもある、
田辺由美さんの本を引っ張り出してきて、この時期に読む。

この本によると、山幸の親の系統は、
清見(セイベル13053のクローン選抜)×アムレンシスとのこと。
寒さによる凍害に強く、培土を必要としないのが魅力。

うちの畑のある恵庭も雪が少ない。
耐寒性の高い交配品種は注目だな。

P13には交配のやり方の記述もあり、参考になった。

将来的には育種もやりたいので。

他にも全般を通して自らワイン造りに携わった記録があり、
特に醸造面では細かなデータが多く参考になる。
写真や図も多く、1日で読み切れる良書でした!

・書籍データ
書名:由美ちゃん、ワイン造るの?~十勝の宝石~
初版:2016年
著者:田辺由美
出版社:飛鳥出版
定価:1500円+税

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。