2020年までのまとめ(山梨県)~ドメーヌ・オヤマダ~

北海道外のワイナリーのまとめシリーズ。
今回はドメーヌ・オヤマダを中心とした、
ペイザナ農事組合法人で醸造されたワインたちです。

スパークリングワイン

おやすみなさい

おやすみなさい2015

2016年2月。

さて、恵庭駅から徒歩10分くらいかな?
ビストロ・サンカントに到着。

乾杯のワインは当然のように泡。
ただし今日は、ロゼの泡です。

image

この3月が初リリースのドメーヌ・ポンコツ。
静岡の中伊豆ワイナリーの醸造責任者が独立して誕生。
草生栽培、無施肥、化学農薬や殺虫剤の不使用。
天然酵母での醸造を行う。
ペイザナ農業組合法人、中原ワイナリーにて醸造。

乾杯にピッタリな爽やかなロゼ泡。

image

自社農園の巨峰を使用。
瓶内二次発酵による泡です。

名前の由来はメインの畑の地名が「休息」ということから。
食事の邪魔をしない、優しい味わいです。
泡も強すぎると、時として食事の邪魔に感じることがありますが、
これはまったくそういうことが無い。

葡萄品種は巨峰ということで、
我々日本人はどこかで口にしたことがある、
何やら懐かしげな甘さがあります。
とはいえ、全体としてはどちらかと言えばドライ。

どことなく懐かしい思いになる、
爽やかで軽やかなワインです。

うむ、うまいな。

祝(いわい)

祝2014

2015年に。

image

名前がいいですよね。「祝(いわい)」。

開けてすぐに泡の元気の良さが分かる。
それと裏腹に香りは弱い。
グラスに鼻を突っ込むと、甲州特有のほのかな香り。
この儚さが桜花を思わせる。

このスパークリングの特長はクリーミーな泡。
グラスに注いで一口飲んで、本を読んでふと見ると。
あら。まだ泡がこんなに。

image

消えないんですよね。まるでビールのような泡。
そういえば香りにもどことなくビール酵母のような香りが、
不思議ですね。

というわけで、名前がパーティー向きですが、
サーブの時には気を付けて。
注ぐのに失敗したビールみたいになったら笑えない。
そっとサーブしてください。ゆっくりすぎるくらい(笑)

いや~、しかし久々にウマイ泡だ。
これは貴重な1本ですね。
もう1本はとっておこう。

晴れて就農が決まった時にでも開けます
楽しみ。

2度目は2016年2月

本日は我が家の前オーナーのお誕生日なので、
お招きしてバースデイ・パーティーを。
中古より新築、というのが日本人の主流だと思うんですが、
世界的に見れば歴史のある中古の家の人気は高い。

僕も、前のオーナーから30年分の
この家の歴史を聞いたりするのがとても楽しい。
ますます家が好きになりそうです。

image

てなわけで、文字通りの「祝」を乾杯のワインに。
6人分の料理を作って、掃除をして、駐車スペース雪かきして、
なかなか準備の時間も楽しかった。

にしても、この「祝」は、本当にパーティーに向いている。
サーブが難しいので、全部自分でやりましたが、
ま、今回はホストだし、不自然ではなかったでしょう。
あっという間に1本なくなりました。

image

山梨のワイン。さすがの甲州ですね。
幸せなひと時でしたー。

祝2016

2017年12月に。

原田商店の有料試飲会1本目。
ここはやはり、息子の誕生を記念して、「祝」からのスタート。

うーん、やはり乾杯に合う泡だ。
濃い味わいと、柔らかな泡。
祝ってもらっている感が出るな~。

生食用ブドウの香りもあるが、割と好きな香りだ。
にぎやかなワインで、ぱちぱちと拍手されているよう。

とても気分の良くなる1本。

ちなみに、この試飲会の最後にあったジャンケン大会で勝利して、
1本買うことができました。
家でもう一度祝うことができるな~。

2度目は2018年10月

色合いは濃いめの黄色。
爽やかな梅のニュアンス。
昔、山で採った梅を漬け込んで、
ばあちゃんが梅ジュースを作ってくれていたが、
その果肉のニュアンスがある。

酸味もあるが、
それよりも強く果実の風味、甘さ。
泡も弱めだが気持ち良い。
2気圧くらいだろうか。

一晩漬け込んだ唐揚げ(というか竜田揚げ)に、
この爽やかなスパークリングはぴったりだ。
奥さんも息子も栗ご飯は大喜び。

うん、がんばってよかったな笑

祝2017

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1ceae512-s.jpg

原田商店の試飲会ワイン。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7b28b50c-s.jpg

名前も良いですよね。
お祝いに使いたくなる1本。
ま、由来は地名ということです。
酸と泡は控えめで、なんとも優しい。
甘さと香りもバランスが良くて、 これは最高の泡だと思う。
スパークリングってバランスが難しくて、
泡が弱すぎると香りが立たないし、
強すぎるとCO2のせいで辛くなる。
特にデラウェアって、 どこまで香り出すかが難しそう。
そういう意味で、突出しないという魅力が素晴らしい。
また会えることを楽しみになる1本。

白ワイン

BOW!(白)

BOW!2015

さて2本目の白は、こちらもペイザナの中原ワイナリー。

image

葡萄はデラウェアが主体。
残りはプチマンサン、そしてシュナン・ブラン。
僕としてはあの感動の「洗馬」の造り手、
ドメーヌ・オヤマダの作品ということで、かなり楽しみにしてました。

一口目から、広がり、幅のある香りと味わい。
(日本の白は線が細いというか、
 酸を軸にして一直線な味わいが多い)
果実味も豊かで、リッチです。

そしてなんといっても、飲み飽きないところが魅力。

今回は一通りの試飲の後は、
もう各自お好きなものをどうぞ、という形式でしたが、
このBOW!の赤白は、ついつい2杯目に行ってしまいました。
素晴らしい白。

かなりお手頃価格でもあるので、また手に入れたい。

image

今後の変化も楽しめそう。
期待感の上がる1本でした。

BOW!2016

2017年4月。

先月「原田商店」さんで買ったばかりですが、
ドメーヌ・オヤマダのBOW!2016を抜栓。
(といっても、スクリューキャップだけど)

image

山梨のワインだが、自然派の造りなのかな。
北海道の生産者との共通点を多く感じる。
特に複雑さは絶妙。

オレンジのような香り、そしてグレープフルーツの皮のような苦味。
フルーティーなんだけど、それだけではない、という、
僕を虜にするタイプの白です。
開けてすぐの方が元気があって僕は好き。
あまり熟成させるタイプという印象はないな。
早飲みOKの白と見ました。

image

醸造は中原ワイナリーで行われています。

image

合わせたのは、デミグラスソースのハンバーグ。
付け合せはゴボウチップスとポテトの素揚げ、
そしてホウレンソウのバタポン(バターポン酢)。

ま、白ワインと相性の良い料理とは言い難いが、
奥さんのリクエストだったので仕方がない。
ほぼ、食べ終わってからデザートワイン的位置づけでBOW!を。

うーん。食事と合わせるというよりも、単独で楽しめる。
ドメーヌ・オヤマダと四恩醸造は、
国産ワインの中では突出したコスパを誇る。
この「BOW!」だって、感動的な美味で1600円。

「スーパーで買える」というほど手に入りやすくはないので、
それなりに工夫と努力が必要だけれど、
初心者の方も含め、自信をもって勧めることができる1本です。

ジャロピー

原田商店のワイン会、3本目。
ドメーヌ・ポンコツのワイン。

image

その名も「ジャロピー」。「がらくた車」の意味。
まさに「ポンコツ」ってことかな。

右のグラスに写っているとおり、
少し薄めのイエロー。
醸しの白とのことです。

ブドウの品種はデラウェア。
だから、最初に少し生食用特有の香りが。
(西洋で言うところのフォックス・フレーバーですね)

とはいえ、凝縮した果実の味わい、
(言うならば煮たリンゴ…アップルパイに入っているやつ)、
そして個性的なタンニン(タンニンなのかな?苦味がある)。
それらがパンチを生み出していて、
白を飲んでいるというより、軽い赤を飲んでる雰囲気。

これはガラクタじゃないぞ。
いや、ガラクタだから夢中になるのか?
男が惚れそうな白。

image

赤ワイン

BOW!赤

BOW!

2016年2月。

原田商店のワイン会7本目。

image

個人的な今回の当たりは、このバウシリーズに出会えたことだな。
赤白ともに、非常に良いワイン。
しかもリーズナブルな価格となると、
また追いかけるワインが増えたな、という感じがする。

カベルネ・フランとマスカット・ベーリーA、そして巨峰。
酸が軽く爽やかな印象。
そういう意味では、ロゼっぽさがある。

こういう軽い赤に、ローストビーフのサラダ仕立てが合う。
今回は料理も考えられているというか、
ワインとの相性が練られていて、非常に良かった。

今回が第3回のワイン会で、まだまだ続くとのこと。
恵庭にお気に入りの店ができたのは大きいな。

BOW!2016

2017年10月。

もうすっかり朝から薪ストーヴのお世話になっています。
柔らかい温かさがたまらないな~。
今しばし、この暖かさで乗り切ろう。
(本気の冬が来たら、セントラルヒーティングに切り替え)

image

あとは身体の中から温めるためのワイン。
コスパは良好、1600円の赤。

image

合わせたのはシチュー。

image

牛スネ肉が安かったので、圧力鍋で煮こんでビーフシチュー。
あとはクルミパン。

ワインはスミレのような紫の花の薫りが印象的。
最初は透き通ってクリアで繊細な味わい。
ビン底に近づくほど、濁りが出て、複雑で豊かな味わいに。

一見、か弱く思えるが、力強さもある。
ビーフシチューとも当たり負けしない。
いや、個性の強さでは凌駕しているとも言える。
張り合うような、最高のマッチング。

これは値段に対して、感動の割合は大きい。
手に入るときには、手に入れてお置くべき1本!

洗馬

洗馬2012

夜も更けてしまったので、久々にデリバリのピザ。
「テン・フォー」というピザ屋のエビマヨと鶏を。
あとデザートにカタラーナ。

合わせたのは、日本の赤。

image

これは…相当にうまいですよ。
完全にボルドーやんか…(動揺して関西弁…)。
って調べてみて、カベルネ・フラン主体のメルローとのセパージュと判明。
おいおい…完全にヨーロッパの本格派ワインやぞ…。

ブラインドなら絶対、右岸て言うてる…。
これは絶対に覚えておくべきワイン・メーカーですね。
ぶっ飛びます。

image

最近はすっかり北海道的、軽めの赤に酸の効いた白、
というワインに慣れてきていますが、
こういうドスンとインパクトのある赤も、
やっぱりおいしいわ。

Mr.childrenのインタビューを思い出した。
完全に洗馬に酔っているので、以下読み飛ばしていただいてOK。

インタビューの内容は以下。
————————————————————————————————-
apのフェスで「ストレンジカメレオン」という曲をやると決まって、
リハに入るまでのレコーディングは、
apバンクフェスでもやった「彩り」って曲が象徴しているように、
日常の些細なことがすごく大事なんだっていう感じで…そうですね…
「日常」っていうのをテーマにしていたところがあります。

でもやっぱ(ロックンロールの)「ストレンジカメレオン」をやったときの、
ほっといても身体が動いちゃうというか、身体が叫ぶような感じというのを…
やっぱりこれはもう、捨てきれないものだし、
自分たちの中に確実にあるものなので、
1回「ストレンジカメレオン」をやることによって発見してしまったからには、
閉じ込めておくわけにはいかないなっていう感じはしていて…。

————————————————————————————————–

ロックンロールにあこがれてバンドを立ち上げたmr.children。
色々なことがあり、いろいろな歌があって20年経って、
結論としては「日常」を題材にした優しい歌を歌うようになった。

でも、それでもやっぱり「ロック」が原点としてあり、
理屈とは別に体は動いてしまう。
動いてしまうからには、やっぱり無視はできない…。
そんな感じが、このワインを飲んで沸き起こりました。

たどり着いた先は自然派で、北海道のワインが素晴らしいと思う。
でも、やはり体の中には最初にハマったボルドーの赤があり、
洗馬のようなワインを飲むと、それが湧きあがる。

でも、それを閉じ込めておくわけにはいかないから。
北海道らしさも良い。ボルドーに寄せるのもまた良い。
そういうところに立てるのかなぁ。
まだまだ迷いの多いワイン・ラヴァーです。

洗馬2014

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img_7391-1024x768.jpg

2019年4月。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img_7392-1024x768.jpg

奥さんが最も好きと言って良い日本の赤。
抜栓(スクリューキャップだけど)直後は少し堅い印象。
それでもピザとよく合うし、すごくウマイ。
そして45分くらいしてからが本領発揮。
香りも味わいも開いてくる。
赤い果実や花の香り、ジャムっぽいニュアンスもあって、
ピザにも負けない骨太の力強さ。
北海道の繊細な赤も大好きだけど、
たまにはこういう力強いのも良いな。
見つけたら絶対買うようにしているけど、
そもそも目につかないからな…。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。