コート・ド・ブルイィ1983(ボージョレ・赤)

7日~8日にかけて大雪の予報が出たので、
予防的に除雪をしておきました。

また雪後にやることになるとはいえ、念には念を。
(ビニールハウス壊れたらすごく困るしな)

さて、今日のワイン。

ブルゴーニュのボージョレ地区のワイン。
古酒シリーズの中の1本で、1983年の物。

シャトー・ド・ブリアンテというワインメーカーのもの。
ちょっと良く知らないが、ワイン自体はなかなか良い感じ。

コルクはややグズグズとした感じだが、
なんとか美味しく感じられる領域にしっかり残っている。

色合いは薄く、軽やかで酸味のエッジが効いている。
黒い果実よりも軽く、どちらかといえば赤い果実寄り。
中間的なブルーベリー感がある。

ほぼ同い年のワインに癒される夜。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。