ワイン読本~ビジネスの武器としての「ワイン」入門~

久々に本を読んでいる。
忙しいとついつい日々の作業に追われるので、
意識的にインプットの時間を取っている。
(アウトプットはブログなどがあるので)

速読で必要なところだけ読めば、
時間のある夜なら1冊読める。

そのようにして読んだ本。

自分で選んで買うことはないな~と思えるタイトルだが、
図書館にあったので借りてきて読む。
(とりあえず「ワイン」と付く本は読むようにしている)

基本ラインは初歩的なワイン知識のまとめ(品種とか)だが、
常にビジネスでの会話を楽しむ、盛り上げるという観点なので、
そういった見方はなかなか斬新で興味深かった。

特に「ワインのあら探しをしない」と2回書かれていた。
ビジネスや社交の場では確かにそうだ。
生産者同士や愛好家のワイン会ならまた別。

議論も巻き起こっている論点だけど、
やはりTPOによって結論は違うと感じる。

もちろん学ぶべき教科書として使うもよし、
新たな視点を手に入れるために読むもよし。

興味深い一冊でした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。