ワイン読本~オレンジワイン 復活の軌跡を追え!~

作業に追い立てられているだけではいけない、
と一念発起し、4月からほとんどできていない読書を。
近くの図書館に行くと、なんとワインの新着図書が。
あれかリクエストしてくれたのかな。
2020年3月発行のこの本が置いてありましたよ。

オレンジワインとか、スキンコンタクトとか、
あるいはアンバーワインと呼ばれる、
いわゆる「果皮醸しの白」についてで1冊です。

昨今のブームが後押ししているんでしょうね。

かなり詳しく細かく書かれていて面白い。

当然といえば当然だが、
クヴェヴリのワインについても紙面が多く割かれている。

造り手のまとめページには、日本の生産者も。

やはりこういう情報に触れていくと、
気持ちが原点に戻り、やる気が一段引きあがる想いがする。
さ、エネルギーチャージして、より一層がんばるぞ!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。