牛久ワイン 葡萄の城(茨城・白)

挿し木や接ぎ木とは別に、
セルトレイ1枚分だけ実生もやっています。

うちの庭のナイヤガラの種を低温保管して、
この春に打破させたものです。

いままで1か月半ピクリとも動かなかったものが、
ほぼ同時に3つが発芽。
どれも同じような子葉。
ブドウかな?

どっかから飛んできた雑草の種が発芽した可能性も、
ゼロではないと思うが、普通に考えればブドウでしょう。

ブドウも種から育てると親品種とは異なった形質となる。
だから無事に育っても、それはナイヤガラではなくなってる。

でも、将来的には北海道に合った品種を作ってみたい。
そのための実験の第一段階です。

楽しみに成長を見守ります。

さて、今日のワイン。

今日も日本の古酒です。

これまたコルクが抜けない…。

味わいもピークアウト気味だが、
紅茶感が強く出ていて、
そういった意味では楽しめる要素が残っている。

ちょっとこのアイテムの若いヴィンテージと比べてみたいな。
この古酒のみ飲んだだけでは、なんともコメントしづらいな。。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。