バランス(南ア・赤)

消防団の歓送迎会に参加。
僕の場合、市をまたいでの就農なので、
(広域農協なので、同一エリア内ではありますが)
地元に早く溶けこむためにも入団。

正式な辞令は4月ですが、早めに参加スタート。
気さくな雰囲気だし、農家が多いので地域の地質が詳しく知れてよかった。
この繋がりから町内会にも参加する方向。
やることがブドウ苗木と特殊なので、
なんとか溶け込めるように努力しないとな。

さて。今日のワイン。

南アフリカの赤です。
カベルネ・ソーヴィニョンとメルロー。
スクリューキャップって便利でいいけど、
還元的な香りに出会いやすい気がする。

グラスに注ぎたては今ひとつなので、
しばらく放置してから飲む。
30分ほどで本来の香り。
それでもあまり香りは立たない。
味わいも極めて控えめ。

まぁそういう意味ではバランスとれてるけど、
これでは小さくまとまってるようにしか感じられないな。
それなら何かひとつ、おっと思わせる個性がある方が面白い。
ま、そのあたりは好みの問題ですけどね。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。