ワイン読本~ワインの歴史~

旧ブログより引っ越し記事。

image

最近、北海道の生産者でも、
アンフォラ(甕)での発酵にチャレンジする人も増えてきて、
(近藤ヴィンヤード、藤野ワイナリー、
 あと宮本ヴィンヤードも今後は)
ちょっと注目度が高まっているので、調べてみました。

image

*以下、「 」内は引用。

「ワインをシステマチックかつ確実に造る方法が発見されたのは
 新石器時代である、
 ワインの進歩だけでなく
 人類の歴史や文明そのものの進化にも影響を与えた、
 技術的躍進の時代だった。
 土を火で焼いて土器を作れるようになった、
 すなわち液体がたっぷり入るよう気を作れるようになったことは、
 ワイン造りの進歩を可能にする重大な技術的成果だった。」

「古代世界ではこういった土器が、
 ワインの醸造や貯蔵や噴飯に利用されていた。」

「興味深いことに、ワイン発祥の地と言われる
 コーカサス南麓(ジョージア)では、
 今も地中に埋めた土器の壺でワインを発酵させている。
 8000年前とほとんど変わりないやり方だ。」

image

「ワインづくりが始まった頃、
 新石器時代の造り手たちは、
 ツブした葡萄を原始的な土器の壺や甕の中で発酵させた。
 今も一部の生産者は、
 温度調整の可能なステンレスタンクどころか、
 木の発酵容器さえ拒否して、
 テラコッタのアンフォラで発行を行うという
 古来の方法への回帰を選択してる。
 こうしてつくられたワインは実に美味である。」

いくつか内容を引用させてもらいました。
「自然派」というと眉に唾をつける人もいるが、
最近の美味しいワインは農薬や施肥を減らし、
自然に即した造り方をしている人が多い。

僕もまた、そういう造りに惹かれる。
味わいだけでなく、その哲学や思想、ストーリーも、
ワインと合わせて飲んでいるんだとおもうんだよな~。

●書籍データ
書名:ワインの歴史
著者:マルク・ミロン(邦訳:竹田 円)
初版:2015年
出版社:原書房

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。