2020年までのまとめ(熊本県)~熊本ワイン・菊鹿シリーズ~

まとめシリーズ、次は熊本県のワイン。
暖かい地方のシャルドネって感じが出ていて、
日本列島が南北に長いことを思い出させてくれる。

手に入りにくいが、
見つけたら買って飲みたいシリーズのひとつ。

菊鹿シャルドネ

2016年4月。

今回のワイン法の講義をしていただいた、
講師の蛯原教授の出身地、熊本の「菊鹿シャルドネ」。

image

未飲でしたが、これはうまい!
リッチな香り、味わい。
何度も飲みたくなる味わいです!

白の範疇では、かなりパワーがあるタイプ。
シャルドネは産地によって様々な顔を見せてくれるけれど、
こういう南方系のフルーツのアロマがあるのは好きだな。

周りを黙らせる説得力。抜群です。

image

この「菊鹿」という地名も使えなくなるんですね。
ヴィンテージ表記も2014で書けなくなり、
表ラベルはヴィンテージなし、
裏ラベルに2014と2013と主要ヴィンテージの表記。

すでに変更がかかってきているんですね~。

2度目は2020年9月。

合わせたのは売るほどある(売れ残るほどある笑)、
ミニトマトを使ってミートソースを大量に作ったので、
それをアレンジしてポテトグラタン。

暖かい地方のシャルドネらしく厚みがある。
苦みとパワーもあって、なかなか楽しい。
北海道の白にはない魅力がたまらない。

くぅーたまらない。
よし!明日は直売所も人が多い(だろう)から、
かなり出荷しないとな。

がんばるぞ!

3度目は2020年11月

最近、このワインと出会って、
割と高めのリピート率を誇るようになってるアイテム。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a3651867-s.jpg

熊本の菊鹿シャルドネ。
いわゆるマルチヴィンテージ。

気軽に手に入る感じのワインではないが、
北海道のレアなワインに比べれば、
しっかりサーチしていれば購入できる印象がある。

ふくよかさと、暖かい地方としては強めの酸。
香りも高く、説得力のあるワイン。

お酒弱いのでおかわりすることの珍しい、
うちの奥さんも好評価で2杯目へ。

おそらく見つけたらまた買ってしまうであろう、
素晴らしい魅力の1本です。

菊鹿シャルドネ・アンウッデッド2018

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 19a26884-s.jpg

熊本、菊鹿のシャルドネ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b336c479-s.jpg

酸がキレイで驚く。
暑い九州でこれほど酸が残せるとは。
そしてクリアな香りとアプリコットの香り。
(…と書いたけど、裏エチケットには「洋ナシ」とあるな…苦笑)

気持ちの良いシャルドネだ。
ブラインドで飲んで、これが日本だとわかる人が何人いるのか。

世界でも通用する素晴らしい白です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いし

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。