2020年までのまとめ(山梨県)~ボーペイサージュ~

次も2020年までに2回しか飲んでないですが、
非常に印象に残っているので、まとめページ作成。

山梨県のボーペイサージュです。

ボーペイサージュ・ピノ・ノワール★☆★

ピノ・ノワールのワイン会の13本め。

image

ブラインド・テイスティングのコメントは以下。

「果実味と酸のバランスが良い。力強く、そして豊かだ。
 非の打ちどころはないワイン」

少し隙がありそうな作りなのに、完成されている。
これで代えがたい個性があれば、惚れてしまう系。

点数は10点満点で9点+。好みは14本中で4位。

国産の赤ワインも、本当にレベルが上がっている。
これもブルゴーニュのフィリップ・パカレよりも高得点を付けてる。

山梨では難しいと思っていたピノ・ノワール。
凄いレベル高いじゃないか。

こういうワインを飲んでいると、
不可能なことは無いんじゃないかと思えてくるな。
可能性をビンビンに感じさせてくれるワインです。

ツガネ・ラ・モンターニュ2011

我が家のワイン会の5本目。

image

全く知らなかった山梨のワイナリー「ボーペイサージュ」。
抽選でしか購入できないとのことで、今回飲めて、本当に良かった!

日本の自然派で、メルロー単一。
なんとまぁ、一口目からインパクトがあること!
メルローにハマった時期が長い僕としては、たまらないワイン。

オリも多く、ビン底に行くほど荒々しくなっていく。
なんだろうな、妙に艶めかしい赤だ。
日本の赤は軽やかで、サバサバしているのが多いが、
こいつは別物だ。かなりの色気。
人を虜にするタイプだ。

酸味もタンニンもそれほど強くはない。
メインは果実味の押しだが、それだけなら普通はボケた印象になるはず。
なのになぜだ…??
印象に残らないだけで、しっかり酸もタンニンもあるのかも。
これほど骨格のしっかりしたワイン、
日本の赤では初めてかもしれない。

ミエ・イケノと言い、メルローが日本で一番うまいのは、
山梨、それも北杜市であるような気がする。

できるなら、僕も手入れてみたい(そしてもう一度飲みたい)
ワインのうちのひとつ。

ラストは2016年最後の1本。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。