2020年までのまとめ~サッポロワイン(グランポレール)~

まとめシリーズ第12弾は「サッポロワイン」です。
お察しの通り、サッポロビールの系列です。

大手のワイン、というと「安かろう、まずかろう」というイメージでしたが、
それを覆してくれたメーカーでもあります。
価格のことも考えて、味のことも考えて、
我が家で普段飲みとして常備したいワインNo.1は、
サッポロワインのケルナー辛口です。
1000円ちょっとで、北海道の味を堪能できます。

初めて道産ワインを飲む、という人に勧めるなら、
必ずこのメーカーになるでしょうね。
手に入れやすく、そこそこ安く、そして北海道を感じられる。
3拍子揃ったメーカー。

白ワイン

甲州 辛口

甲州 辛口2018

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ace02eb6-s.jpg

2020年5月試飲。

金がないのでワインが飲めない、
と泣き言を書いたら、ワインを頂きました笑
すみません、早く収益を上げて、
大手を上げてたくさん北海道のワイン飲めるようになります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b0ca3e38-s.jpg

甲州というと、澄んだ小川のせせらぎのような、
透明感となつかしさというのが僕のこれまでの印象。
しかし、シュール・リーの導入以降、
それだけではない魅力を放ち始めている。
こいつも、小川というよりは日本刀。
シャープさは際立ち、切れ味のよさは抜群。
単なる無個性ではなく、力強さがある。
それでいて、このワインをどう使うかは、
持ち手にすべてを委ねるという感触もある。
うーん。
甲州という品種、興味深いぞ。
元気をもらう1本でした。

ケルナー辛口

ケルナー辛口2010

2016年8月。
雨がスゴイ。また台風が北海道に来るとか。
冷夏で葡萄の生育も遅い中、追い打ちのような雨・雨・雨。
今年はどうやら北海道のワインにとってはタフなヴィンテージになりそう。
そういう年は、やはりタフな生産者が成功するんでしょうね。
うちの庭の葡萄は全然ダメそうな予感…。。。

さて、先月参加した「ケルナーの会」のワインをようやく紹介。
通常営業に戻り、ようやく元の生活に戻りつつあります。
全てブラインドで銘柄も分からず飲む会だったのですが、
出てきた順に紹介していきたいと思います。

image

まずは、僕にとってのハウスワインというべきコイツ。
北海道ケルナーの辛口です。

テイスティング・コメントは以下の通り。

「香りが強い。主張が強い白。いきなりお気に入り。
 揮発性のある香りがするが、それがまた魅力。」

1~10点で付けた点数は8点。
好みの順位1~9位では、4位と半分やや上。

消去法で銘柄も当てに行ってみたのですが、
「飲んだことある気がする…」と感じて、
サッポロワイン、北海道ワイン、宝水ワイナリー、奥尻ワインに絞り、
香りに関する印象が強かったので、宝水と答え、見事に外れ…。
ブラインドで銘柄を当てるのは難しいですね。。。

特に、2015を飲んでいるイメージと、
およそ6年の熟成を経てからの姿は大きく違う。
最新ヴィンテージがフレッシュな感じがするのは当然だが、
6年の歳月を経てもフレッシュさ残っている。
そういう白が、今回は高得点になった気がする。
その側面では、やはり大手ワイナリーに分があるか。

ブラインドでやると、自分の好みがよく分かってよいな。
緊張気味で参加した会でしたが、この1杯ですっかり飲む気モードに。
みなさんの会話も面白く、楽しませてもらえました。

ケルナー辛口2012

さて、余市ブドウのワイン会の2本目、3本目は、
同時に登場しての飲み比べ。
葡萄品種は両方ともケルナーです。 

image

グラスとボトルの左右が逆転してしまっていて、
ちょっとわかりづらいのですが、
右のグラス、透明度の高いのが左のボトル、
北海道ワインです。

image

北海道ワインのケルナーは、万人受けタイプ。
ケルナーらしさが出ていて、ワインを知らない人に勧めるのにもぴったり。
これを「飲めない」という人はいないでしょう。
グラスに注いで置いておくと変化も楽しめる。
なかなか奥のある造りでコスパも良好。

2度目は2017年10月。

さて、ケルナーの会7本め。 

サッポロワインのグランポレールシリーズ。 
これまたうちのハウスワインと言っても良い1本。 
コスパ良好で北海道を味わえる名作。 

テイスティングコメントは以下。

「透明感のある薄いイエロー。 
 これもフルーツ香が印象的だが、より酸が弱く、大人しい印象。 
 ヴィンテージが若ければ、こちらのが飲みやすそう」 

比較対象は1本前の北ワインと比べています。 
同時に試飲して、テイストが似ているな~と唸った2本。 

しかも、大体この辺から自分の舌も怪しい(笑) 
これも連続試飲の大変なところです。 
パーカーさんとかどうやってんだろ? 
数十種類も試飲したら、もうわけわからないでしょ~。 

というわけで、ここまでのブラインド、 
1本も当てていません…。 

ケルナー辛口2006/2014飲み比べ

2015年8月。ヴェレゾンにて。
僕がハウスワインを選ぶならコイツ!と決めている
名作の北海道ケルナーの2014。

image

これと飲み比べで出てきたのが、2006のケルナー。
なんと熟成は9年ですよ。
並みのケルナーなら、もうヘタレてくるヴィンテージ。
しかも熟成の効いた白って、甘口以外はクセがある。
(店主の荒井さんは「タクワンみたい」と言っていた)

しかしコイツは格が違います!
葡萄の果実味の、深いところまで連れて行ってくれる。
そして、それでいてフレッシュ感もあり、
年を取った感じが全くしない!

これ単品でもスイスイいっちゃう、おそろしいワインですよ。

今回はオリーブの入ったパスタと合わせて、ばっちりな相性。
酔わせてくれる白でした~。

ケルナー辛口2014

2016年3月。ワイン法の講座のアフターパーティーにて。
アフターパーティー2本目は定番のケルナー。
北海道を代表するケルナーで、
3本目まで縛ってありますね。

image

定番のうまさ。クリーンな仕上がり。
ヴィンテージ2014というのも、魅力ですね。
コイツは新しいヴィンテージの方が良い。
ケルナーらしいクリアでピュアな雰囲気。
若いワインの魅力は、まさにこれですね。

image

そして料理もまた良い。
ハンペンに大葉、ゴマに梅肉。
この日本らしい材料で、ワインにピッタリ合うというのがいいね。

ケルナーのキリッとした雰囲気と梅肉、
爽やかさには大葉がそれぞれ寄り添う。
これは良い相性だ。

image

「サッポロワイン」という名称はOKのようですが、
新しくワイナリーやワインの名づけを行うなら、
地名を入れるのは避けた方が良いですね。

勉強しながら、クイクイ行っちゃいます笑

2度目は2016年7月。
奥さんの実家2日目。
本日は昼間っからグランポレールのケルナー。

image

トマトとモッツァレラ、そしてスモークサーモン。

image

うまいな。特に休日の白はたまらない。

image

確かに冷やし気味だとスッキリ爽やか。
本日はダラダラと飲んでいるうちに温度も上昇。
そうしてみると、やや粘性を感じる。
意外に残糖があるのかもね。

いずれにせよ、やはりお気に入りのデイリーワインの筆頭。
今回はたまたま選ばれたみたい。
素晴らしい。ドンピシャです。幸せです(笑)

ケルナー遅摘み

ケルナー遅摘み2013

2016年3月。
ポンパレモールで1000円引きクーポンが出てきたので。
普段はあまり飲まない甘口を。
ケルナーだったので。

image

いや~、最近、ケルナーといえば
ドライで酸が立つものを好んで飲んでいたので、
意外なほどのトロッとした甘口。

image

全て余市のケルナーを使っているとのこと。
こういう甘さを前面に出したのもいいな。
ドイツのベーレン・アウスレーゼを思い出す。

いやでも、ゆっくり飲んでいたら、
やっぱり北海道ならではの酸も顔をのぞかせる。
甘さに口が慣れてきたあたりで酸を感じる。
いつもと逆。甘さの中の酸。
たまには良いね。

2日かけて、ナイトキャップに。
甘い夢を見せてくれる1本。

ミュラートゥルガウ

ミュラートゥルガウ2014

2015年11月。
寿司に合わせようとした1本。
ケルナーが非常にドライなので、選ぼうとして、ふと隣を見るとミュラーが。
ケルナーは何度も飲んでいるので、ミュラーにしようと安易に飛びつく。
image

ちょっと考えればわかることだったけど、
ミュラートゥルガウは甘口である可能性も大ありだったわけで。
ケルナーがキリっとドライだったからきっと…という感覚は大外れ。
ばっちり甘口で、とてもじゃないけど寿司に合わせる気にはなれない。

やむなく寿司はビールを合わせて、
こいつはデザートワイン的ポジションに。

でも、甘口ワインってのも結構おいしいね。
そういえば、自分だってワインを飲み始めた当初は、
ドイツのシュバルツ・カッツにハマったし、
その後もアウスレーゼとかの甘口で奥深さに惚れ、
日本ワインだって「氷果の雫」とかを好んでた。

それを、いつから甘口というだけで、
敬遠するようになっちゃったんでしょうね。
甘口には甘口の楽しみかたがある。

原点に戻って、甘いワインを楽しむのもいいな。

泉(せん)

泉2010

image

スーパーで見つけた、日本の1000円台。
ヴィンテージが2010というのも珍しい。
日本ワインは全体に生産量が少なくて、
かなり若いワインが出回るのが一般的ですから。
2010でもオールドヴィンテージの感がある。

山梨の甲州と、岡山のマスカット・アレクサンドリアが使用されている。
そのせいか、かなり懐かしい葡萄の香りがする。
それでいて甘すぎないし、軽やかな酸で食卓にも似合う。

こういうコスパの良い日本ワインが増えてくると、
もっとワインファンも増えそう。
気取らない、素敵なワイン。

赤ワイン

ツヴァイゲルトレーベ

ツヴァイゲルトレーベ2013

初登場は2015年の3月ですね。

コープで食材を見て、メニューは焼き肉…
と思ったが、美味しいそうな北海道産の肉は、
「豚タン」「ハツ」それにビーフシチュー用の牛スネ。

うーむ、と悩んだ結果、ビーフシチューと焼き肉にしました(笑)

image

どっちに比重を置いてワインを選ぶか迷いましたが、
肉ならやはりツヴァイという気持ちで即断。
ブドウ品種的にはあまり好きじゃないけれど、
肉との相性は良いという記憶があったので。

結果としては、いやー久々に大当たりな相性でした。
特にハツやタンの焼き肉を知床の藻塩で仕上げたもの。
これとツヴァイとの相性は素晴らしかった!
強めの酸が落ち着いてくる抜栓後30分くらいがピーク。

ちょっと厳しいと想像したビーフシチューとも、
かなり相性が良く、豆パンと合わせると完ぺきでした。
んー、やはり料理とワインがマッチしたときの、
いわゆるマリアージュの感動はたまりませんね。

一度飲んでイマイチと感じたワインでも、
料理しだいで化けるかもしれない。
そういうのを色々と考えて合わせるていくのって楽しい。

とにかく今回のマッチングは、今後の定番にしたいと思います!
今日はあっという間に2人で1本開けて、
「飲みたりない」という気分になりました。
最高ですね!

…へぇ。当時はツヴァイゲルトレーベ嫌いだったのか(笑)
振り返っていると、自分の味覚の変化に驚くな。
今はかなり好きですよ。面白いな。

2015年5月。

日頃が野菜メインの食事だからか、
休みになると、たまにどうしても肉が食いたくなる。
そういう時ってありますよね。

スーパーで羊肉が半額セールだったこともあり、
夕食のメニューはジンギスカンで決定。

image

北海道に来てそろそろ1年。
ジンギスカンがたまに食べたくなるくらい「帰化」しました(笑)

ラムやマトンは匂いが独特で、獣臭がする。
その上、油が結構こってりしているし、
それをカバーするためか、もやしやタマネギ、ニラなどの
野菜を大量に入れるものだから、合わせるものが難しい。

北海道民は概ね、サッポロビールで食べるわけですが、
僕はなんといっても、ツヴァイを合わせます。
さっぽろワインの北海道ツヴァイゲルトレーベ2013。
「コープさっぽろ」で1300円ほどで買える。

薄い赤色、酸味が軽快で、控えめなワイン。
それでいて、個性の強いジンギスカンに負けない芯の強さがある。
単独ではそれほど魅力的とは言えないが、
ジンギスカンに合わせると、まさにマリアージュ!
脂っこさが酸味にくるまれて和らぐ上に、
香りの上でも共通点を感じるんですよね。
うまく言えないけど、同系統の香りで、お互いに高めあう。
そして道産ワインに共通する、野菜にも合う軽やかさ。
完璧でしょ。

夫婦二人で、ワインもジンギスカンも進む進む(笑)
結局、ボトル1本空いて、羊肉は2人で600gほど食いました。

ジンギスカンとツヴァイ。
家ジンギスカンならではの楽しみ方。
お勧めですよー。

余市ツヴァイゲルトレーベ

余市ツヴァイゲルトレーベ2017

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dfa48c80-s.jpg

2019年10月試飲。

北海道のツヴァイは本当にうまいものが多い。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4028c119-s.jpg

こいつも力はあるが、どちらかといえば軽やか。
野性味あふれるツヴァイも好きだが、
作りによってはこういった上品なワインにもなる。
個人的にはピノ・ノワールとのアッセンブラージュが好きだ。
そういった意味でもすごい可能性を秘めていると思っている品種。
それがお手頃な価格帯で手に入るというのはすごい。
努力の結晶と言える1本です。

絢(あや)

絢2009

2015年7月。

image

日本ワインもお手頃な価格帯が増えてきました。
先日紹介した「泉 SEN」の赤バージョン、「絢 AYA」です。

山梨県のマスカット・ベーリーAを使っています。
このグランポレールには北海道のブドウのみを使ったシリーズもあって、
ケルナーにはお世話になっているし、
ピノ・ノワールもワイン部屋に眠っている。

今回のは、そのリーズナブル・バージョンですね。
2009というヴィンテージでも、スーパーで1000円ちょいで買える。

味わいは軽やかだけど、奥行きを少し感じる。
この価格帯に多い、ベタっとした甘さは控えめ。
熟成香は感じないが、十分に楽しめるのでは?
食事に合わせるというよりも、単独で楽しむ系。

日本のワインは食事に合わせることを想定しないワインも多い。
日本酒的楽しみ方をする人が多いからだろうか。

不思議。

余市ピノ・ノワール

余市ピノ・ノワール2010

2018年1月。
ヴェレゾン3杯目。

IMG_5008

最後はやはりピノ・ノワールで〆。
ヴィンテージ2010というのが憎らしいな。
かなりこなれてきて、香りや味わいが混然一体となって、
それが複雑さを生み出している。

そして寒冷地とは思えないボリューム感、パワー。
かなり糖度が高くなるまで待ったことがうかがえる。

これは世界に通用すると思うな。
それも、日本らしいピノとして。

興味深い1本。

余市ピノ・ノワール2012

そして、いよいよ赤の登場。

image

カレーの香りを感じさせるボロネーゼと一緒に。

これは、注がれたときの香りからして、存在感が違う!

北海道のピノ・ノワールは高いポテンシャルを秘めていて、
年々、良いものが出てきているという印象がある。
しかし、コイツはかなりのモンですよ!

やはり醸造技術がものを言う部分ってのもあるんだな。

手に入れやすさとの兼ね合いでいえば、
コイツがもっとも付き合いやすいピノの最高峰でしょう。

んー、北海道の可能性を感じさせてくれる1本です。


2度目は2016年6月。
奥さんに反対されつつ、ワイン会に持参した1本。

千歳のピノと飲み比べても上だと感じた1本。
赤も北海道は海外と互角にやっていける、と確信する1本。

タカヒコや農楽蔵の赤はそりゃあ、すごいけど、
じゃあ、それに続く赤はあるの?という疑問に対しての、
僕なりの答えが小1本ですね。

このピノのポテンシャルはスゴイ。
薄い色合いなんだけど、パワーは素晴らしい。
多少、強めの料理と合わせても大丈夫。
肉とかも全然OKですね。

豊かな香りと力強さで、熟成の可能性も感じさせる。

北海道は赤も白も軽やかで繊細というのが一般的なイメージだが、
コイツのようにタフな赤もしっかり存在している。
造り手が良いんでしょうね。
葡萄がタフなら、ワインも力強くなる。

image

少しワイルドなタッチもあるが、そこも魅力だな。
ギャップに惚れたいなら、コイツをどうぞ(笑)

甘口

ポレール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3bb13c16-s.jpg

2020年4月試飲。

ハーフボトル。
ヴィンテージの表記はないが、古めのワイン。
熟成香が出てきていて、なかなかウマイ。
オールド・ヴィンテージって、
甘口の方がおいしくなるものが多い気がする。
甘口敬遠派だったけど、この変化は面白いな。
少し追いかけてみたくなる感じです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。