クラリンス1983(ボルドー・白)

天気も良いので、畑の除雪。
冬は格納庫がわりに使っている二重ハウスは、
除雪の入る公道から数十歩。
その周りを除雪したら、
そこから鉄骨ハウスまでは道を作らないといけない。

もやは道があった場所は分からないので、
冬の前に立てた目印を頼りに除雪。

かなり曲がっているのはご愛敬。
もっと目印は多く立てるべきだった。
どこまでが道で、どこからが畑か見えないので怖い。
恐る恐るやってたら、曲がりまくりました笑

さて、今日のワイン。

古酒シリーズの中の1本。

知らない名前ですね。
軽く調べても出てこなかったので、読み方は適当です。

コルクを抜こうと思ったら、
オープナーが刺さらずに奥にクイクイめり込んでいく…。
もはやコルクが役に立っていないわけで、
これは絶望的な雰囲気。

抜栓しても、やはりというかなんというか、
香りもなく、もうほぼ終わっているという感じの香り。
それでいて甘さだけが残っている。

残念ながら、これはさようならです。
古酒はどう管理されていたかが大事、
というのは身に沁みましたね。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。