クラフト・スパークリング(日本・特殊泡)

この忙しい時期に来年の新規就農認定に向けた、
営農計画作成と、打ち合わせがあり大わらわ。

ブログも昨日が更新できなかったので、
遅れてその分の更新です。

ドタバタしながらも定植がほぼ終わり、
二重ハウスの苗場を空けられるようになったので、
雑草をキレイにして防草シートはがして、
何かを植える空間を空けようかと思ったら…

すでにグラ君が寒い日用のくつろぎの場にしてました…笑
北海道は6月末でも最高気温11.7度(6/21観測)
とか普通にありますからね。
蝦夷梅雨で曇天が多いので、小寒いくらいの日も。

また暑さが戻ればどいてくれるだろうから、
もう少しそのままにして、外の草刈でもやっときます笑

さて、奥さんの実家での全員集合パーティーのワイン。

懸賞で当たったというワインを。

メルシャンが出している、
「クラフトビール」ならぬ「クラフトスパークリング」。

軽めのスパークリングに、ホップで香りづけしてある。
味わいもビールのような苦みが感じられる。

かなり斬新な新ジャンルに挑戦という感じ。

僕はビールもスパークリングも飲むが、
これは慣れないせいか少し飲みにくさがある。

ただ、料理と一緒に飲むと違和感は薄れ、
面白さが感じられるようになる。

新しいチャレンジは好きだからな。
また見つけたら試してみよう。

面白い乾杯でした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。