フロスト・キュヴェ2013(アメリカ・白)

アップし忘れラスト投稿。
2018年ワインアカデミーで試飲。

ハーマン・J・ウィーマーのフロスト・キュヴェ。

メイン品種はシャルドネだが、他にもリースリングやゲヴェルツ、
グリューナー・フェルトリーナー、ソーヴィニヨン・ブランなど、
まさに寒冷地の品種のオールスターのような作品。

品種からも想像できるが、非常に香り高い。
ゲヴェルツが良い仕事をしているのか、
エキゾチックなフルーツの甘い香りがする。

まるでアジアの王女様が着飾っているようだ。
エレガントな白って、こういう色気が出てくる。

素晴らしい1本でした。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。