雲の時間2018(栃木・泡)

日曜は基本オフ日にしました。

なので日ごろの感謝を込めて、今日はピザパーティーに。
といっても生地はホームベーカリーがこねてくれるので、
僕は上に乗せる具を作成して、オーヴンで焼くだけ。

それでも手作りはウマイ。

合わせたのはココ・ファームの微発泡白。
ブドウは北海道余市の藤澤農園。

「こころみシリーズ」の雲の時間2018です。

青空に浮かぶ白い雲のような印象が確かにある。
名前を見て思い浮かべていたのは曇り空だったが、
飲んでみると青空がベースだとわかる。
(ソーヴィニヨン・ブランって、
 初夏の草原で空を見上げるような爽やかさがある)

その空にふわりと浮いた白い雲をイメージするな。

酸はしっかりあるが、それは奥で骨格を形成している。
表に出てくるのはリッチな果実の印象。

このリンゴやトロピカルフルーツの感じが好き。

たまらなくウマイ。
最高の1本。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。