ピノ・ブラン2015(鶴沼・白)

ピノ・ブランを鉢上げしたら、 北海道ワインが作るピノ・ブランです。 この品種は、どちらかといえばシャープさや軽さよりも、 厚みや重さを感じさせる。 若いうちはバランスを欠く印象があるが、 こいつは2015ということもあっ […]

ピノ・ノワール2016(十勝・赤)

果実酒研究会の試飲会ワイン。 十勝ワインのピノ。 樽熟成されています。 すでに色合いはえび茶色。 酸は高めで、シャープな印象。 ただ、力強さがあって、 それがうまくバランスしている。 個性的なピノです。 面白い1本。 人 […]

澪標(泡)2018(マオイ・泡)

「そこまで厳守する必要ある?」と言われつつの、 ルール通りのマオイ自由の丘ワイナリーの泡。 この季節にスパークリングがあるのはやっぱ良いよね。 ついつい買ってしまうもの。 ナイアガラの白とオレンジを混ぜてあるとのこと。 […]

スパークリング・巨峰2017(京都・泡)

いや、泡ばかり飲んでますね。 日本人になじみが深い巨峰。 それを使った京都のスパークリングワイン。 ほんと最近はどの都道府県でもワインを作っている。 巨峰らしいブドウの味わいを強く感じて、 なんだか懐かしい気持ちになる。 […]

タビ・スパークリング(オサ・泡)

今日は焼き鳥パーティー。 家の近くのお持ち帰り専門の「きた廣」と、 駅前の「串鳥」を買って帰って、 奥さんと(あとまぁ1歳半の息子と)家で飲む。 その串鳥で、やたらニコニコしてる店員さんだと思ったら、 かつての教え子でし […]

ナイアガラ・ナチュラル・スパークリング2018(藤野・泡)

これまた余市がらみと言うことで。 余市の登地区のナイヤガラを使用。 ナイヤガラだが残糖感はない。 爽やかで瓶底は濁りが増す。 こういう造りは個人的に好きだな。 生食用ブドウの特有香は控えめで、 ほんのりした甘さと、キレイ […]

グラスパロッサ・ディ・カストロヴェトロ(イタリア・赤泡)

御隣さんに誘ってもらって庭でバーベキュー。 「あるもので」と言っていたのに、 旨いものがたくさん出てきてびっくり笑 合わせたのは赤のスパークリング。 いや~、赤の泡って焼肉屋でもたまに見かけるけど、 確かに焼いた肉には良 […]

蝦夷泡2018(ナイアガラ・泡)

余市の昼ごはんはベリーベリーファームのレストランへ。 ハンバーグが売りと言うことで、アボガドハンバーグを。 アボガドが半分もハンバーグの上に乗ってる。 まぁ、カロリーがアレですが、肉体労働の後はうまい。 他にもいろいろお […]