ルッチ・エクストラ・ドライ(イタリア・泡)

突然、小雨が降ったり、暑かったり寒かったり。なかなか不安定な天候が続くな。 さて、今日のワイン。 なんともイタリアらしい、陽気で軽い泡。基本は柑橘だけど、奥にメロンのような甘い香り。それが嫌味な感じじゃないんだよな。 ボ …

営農週報~ハウス完成~

春先からハウスを建て始め、農作業の合間を縫って建ててきました。 倉庫(9m)、格納庫(17m)、ビニールハウス(50m)と建ててきて、今週でようやくビニールハウス(33m)も完成。 既存の2棟と合わせてビニールハウス4棟 …

ワイン読本〜越後えびかずら維新〜

うちの本棚より。 ブドウの育種にも興味があり、それに関する本を探す中で出会った1冊。マスカット・ベーリーAを生み出した川上善兵衛氏をテーマにした1冊。 どちらかというと川上善兵衛氏の伝記的色彩が強く、ブドウ栽培や育種につ …

プロア(スペイン・泡)

2日連続の夏日。 寒暖差が激しいので、体調管理は要注意。 暑い日に火照りを冷ましてくれるのはやはり泡。スペインのカバを開ける。セットで購入で1000円きる値段で手に入れたが、1000円超えの価値は充分にある1本。 品種は …

ワイン読本〜日本のブドウハンドブック〜

うちの本棚シリーズ。ワインの苗木についての日本語の記述は、ほとんどがこの植原さんの著書。苗木を学ぶバイブルとも言えるが、その中でも最新の本。 苗木については187ページから。台木の必要性、穂木に与える影響、土壌適応性と、 …

フィンカ・エル・レホネオ(スペイン・泡)

ようやく33mハウス建て終わり。遅めに種を落としたミニトマトを植え切らないと。 そうこうしているうちに最初に植えたミニトマトは、誘引しないとヤバいレベルに。 追い立てられるな~。 さて、今日のワイン。 スペインのマカベオ …

営農週報〜暴風雨〜

先週(5月30日〜6月5日)は暴風雨までに慌ててブロッコリーを植え、そしてハウスを補強して終わっていった。 完全に作付ける畑の選択を間違えて、この雨中の状態で2作分(2反分)のブロッコリーを水はけの悪い区画に定植。 しか …

ワイン読本〜いま飲むべき日本ワイン〜

一度軽く読んだきりになっていた本を、再び引っ張り出してきて。 選ばれた日本ワインについてと、それに合わせる料理を紹介してある。 北海道からはナカザワヴィンヤード、ドメーヌ タカヒコ、北海道ワイン、そして農楽蔵が登場してい …

ワイン読本~ワインバレーを見渡して~

植えものも一息ついたので、昼食休憩は本を読むくらいの余裕は出てきた。 ブログを本にしたものなので、想いの断片を拾いながら読んでいくという感じ。 苗木に関する記述もあって、p107〜p112あたりがそれに当たる。もちろんブ …

シャトー・レ・ランド・ド・カシュ(ポイヤック・赤)

頂き物のワイン。 先入観というのは恐ろしい。「クリュ・ブルジョワ」という言葉に引っ張られた。 抜栓直後の香りから力を感じる。味わいもまさにこれぞボルドー。重すぎないが、果実味の主張は抜群。 舌を巻くほど美味い。 余韻も長 …