ピノ・ノワール2017(アツシスズキ・赤)

ワインヘリテージで飲んだワイン。

余市のドメーヌ・アツシ・スズキの作品。

ピノ・ノワールは試験醸造で、

今後も販売するかは未定というアイテム。

最も印象的だったのは赤い果実の感じ。

野生のラズベリーのような、

少し酸味のある爽やかな味わい。

ローストビーフに合わせても良いけど、

魚介に合わせてもなかなかいける。

魚は白、という固定概念を外せば、

色々な可能性が見えてくる。

熟成によって酸が丸くなったところも見てみたい。

ぜひ作り続けて欲しい作品です。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ヴィーニュ・シャンタント ピノ・ノワール2017(宮本・赤)

ワインヘリテージのワイン。

いや、これはブルゴーニュのピノでしょ。

ピノ・ノワールという品種はこれがあるから困る。

ぬけだせなくなるから困る。

和テイストのローストビーフとのマリアージュはヤバイ。

抜け出せなくなる魅力。

完成度の高いピノです。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ヴィーニュ・シャンタント シャルドネ2017(宮本・白)

これまたワインヘリテージのワイン。

三笠の宮本ヴィンヤードの作品。

少し冷やしすぎかな~という温度でのサーヴ。

ブランデーのように掌で少し温めてから飲む(笑)

樽が少し効かせてあるのか、思ったよりも厚みのある白。

刺身よりも、少し火入れしてあるサケのハラスなんかと合う。

脂っぽさを抑えてあるハラスだが、それでもスッキリしたシャルドネと合うな。

むむ、しかしこれは松前漬けとも合うかも?とかやってると、

いつのまにやら時間が過ぎていく…。

ボトルで付き合いたくなる素晴らしい白。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

クリサワブラン2017(ナカザワ・白)

3月に行った、ワインヘリテージで飲んだワイン。

栗澤ワインズを構成する3生産者のうちのひとつ。

ナカザワ・ヴィンヤードの作品。

クリサワブランは北海道の白のすごさを痛感させてくれたワイン。

こういう場で出会えるのはほんとうにうれしいことです。

今回は料理と合わせられたことも良い経験になった。

合わせたのはホッキ貝のシャブシャブ。

ホッキとワカメを軽くお湯にくぐらせてくれる。

それをポン酢につけて食べる。

この歯ごたえを感じないほどのホッキの柔らかさと甘み。

そしてワカメの旨みまでひっくるめて、

まだ若いクリサワブランの酸を丸めてくれる。

ちょっとツンとしたところをうまくいなして、

それをすべて魅力に換えてくれる。

クリサワブランは熟成した後が真骨頂だと思っていたが、

料理と合わせて若いヴィンテージを飲むというのも、

また違った魅力があって良いな。

素晴らしい出会いに感謝ですね。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

祝2017(山梨・泡)

原田商店の試飲会ワイン。

毎年リリースを楽しみにしている泡。

名前も良いですよね。

お祝いに使いたくなる1本。

ま、由来は地名ということです。

酸と泡は控えめで、なんとも優しい。

甘さと香りもバランスが良くて、 これは最高の泡だと思う。

スパークリングってバランスが難しくて、

泡が弱すぎると香りが立たないし、

強すぎるとCO2のせいで辛くなる。

特にデラウェアって、 どこまで香り出すかが難しそう。

そういう意味で、突出しないという魅力が素晴らしい。

また会えることを楽しみになる1本。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

カサブランカ・ルージュ(山梨・赤)

農作業は苗の管理のみ。

なので溜まってた家の仕事を。

タイヤ交換(冬タイヤ→夏タイヤ)2台に、

庭の防草シート敷き、あとは外階段の水拭き。。

やろうと思ってたことは一通り完了。

すっきりですね。

さて今日は。

年末に「ワインの店いとう」で購入したワイン。

四恩醸造の作品。

エチケットの絵もキレイ。

向こうが透けて見える、 かなり明るいルビーレッド。

品種はマスカット・ベーリーA主体。

香りも味わいも甘やか。

綿あめを連想するようなゆったりした甘さ。

しかし飲み進めると、 単なる軽いワインではないと分かる。

芯の強さがあり、複雑さがある。

これが1000円で買えるなら、 海外の安ワインなんて飲まないわ笑

惜しむらくは本数がないこと。

しかし大量生産には向かない造りだし。

日本ワインの可能性を見せてくれたワイン。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

洗馬2014(山梨・赤)

今日の夕飯はピザ。

手作りですが、生地はパン焼き機が作ってくれるので楽ですね。

トマトとチキンのピザと…

エビとカニカマのマヨピザ。

合わせたのはとっておきの洗馬。

頂き物です。

息子が卒乳したら奥さんと飲もうの思ってたやつ。

奥さんが最も好きと言って良い日本の赤。

抜栓(スクリューキャップだけど)直後は少し堅い印象。

それでもピザとよく合うし、すごくウマイ。

そして45分くらいしてからが本領発揮。

香りも味わいも開いてくる。

赤い果実や花の香り、ジャムっぽいニュアンスもあって、

ピザにも負けない骨太の力強さ。

北海道の繊細な赤も大好きだけど、

たまにはこういう力強いのも良いな。

見つけたら絶対買うようにしているけど、

そもそも目につかないからな…。

感謝ですね。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

ナカイミュラワ2018(栗澤・泡)

挿し木をなんとか終わらせたので、祝杯。

近藤さんのワイン。

栗澤ワインズ醸造。

第一印象はレモンやライムの爽やかさ。

今までのヴィンテージは一番印象に残るのはパッションフルーツだったので、

少し雰囲気が変わったな、と思う。

とはいえ、今日の達成感に満ちた雰囲気では、

コチラの方が合っている。

そしてビン底に近づくほど濁ってくる。

ここは変わらない良さだ。

うーん、アルコール度は低いが、酔いしれてしまうな…。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

プラチナコレクション・メルロ2014(山梨・赤)

先日、北海道大学で話を聞いて、注目し始めているアルプスワイン。

そこの2014年のメルロー。

程よく熟成してそうなよさげなヴィンテージ。

山梨の歴史のあるワイナリーはフランス・ボルドーのワインを志向していると感じる。

これもまた、本当にボルドー右岸をイメージする洗練された赤。

正直、想像したよりもずっとウマイ。

果実の凝縮感があって、香り豊かで説得力がある。

日本のメルローに共通するのは酸の高さ。

それが右岸のようなふくよさかや丸みだけではない、

少し細身のあっさりした味わいを出していて、その個性がまた良い。

日本のワインは白だけじゃないぞ~ということを思い知らせてくれる赤です。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

森2017(10R・白)

ワインヘリテージのワイン。

ソーヴィニヨン・ブランを使った10Rの白。

意外に力があるので、肉と合わせても良い。

しかし野性味と言うよりは上品な力強さなので、

パテみたいな料理の方が合う。

個人的にかなり好きなタイプの白。

まっすぐで、好感が持てる。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!