モンC2017(モン・シードル)

今日は冷たい雨。

こういう日に外作業というのもなんですが、
シーズン終了間際、終わらせきるためには仕方がない。

いっそ雪の方がまだ作業しやすい気もする。
冷たい雨は濡れて余計冷える気がするんだよな…。

さて、今日のワイン…じゃなかったシードル。

余市のドメーヌ モンのシードル。
だから「モン シー」という名前になっている。

裏エチケットにある通り、やや濁りを帯びている。
それが複雑さを増しているように思う。

すっきりドライなシードルの味わいの裏に、
複雑でやや苦みを帯びたテイストがある。

伸びやかな高音と、響くような重低音。
それら和音のような味わいだ。

シードルも、ここまでレベルの高いものを飲むと、
いろいろ考えさせられるな。

アルコール度数が低いのもまた飲みよい。

素敵なアイテムです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。