希望2018(山梨・白)

なんとか家のガレージにバレイショが収納できそう。
あとは低温で腐ってしまったりしないかどうか。
こればかりはやってみるしかない。
念のためにブルーシートを敷いて保管。
あとは春の結果待ちですね。

さて、今日のワイン。

四恩醸造の「希望」です。
ヴィンテージは2018。

前回飲んだ赤の印象から、これも優しめのワインなのかな、
とイメージして飲んでびっくり。
液温よりも冷たい印象を受ける、尖った印象のワイン。

ソーヴィニヨン・ブランとプチマンサンが主体らしく、
品種の特性を前に出している感じか。

これはまた四恩醸造のこれまでのイメージと違う印象のワイン。

醸造家が変わったからかな?
これまたなかなか面白いアイテムです。

1000円台というのもさすがですね。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。