タプコプ・ブラン Z(栗澤・白)

ミニトマトはそれこそ売るほどあるので、
それを使ったトマトソースのドリアを。
トマトの水分だけでトマトソースが作れる。
あとはこれまた自家製のバジルをたっぷりと。
作り手側に回ったら、食生活は豊かになったな。

合わせたのは栗澤ワインズ・近藤ヴィンヤードの白。

本来的には少し液温を上げた方が良いんだろうけど、
とても暑い一日だったので、キンキンでサーヴ。

良い具合にこなれてきて、最初の飲み頃を迎えている感じ。

期待した通りのリッチな果実感、
それもトロピカルな香りが強く放たれていて、
このために生きてるって思わせてくれる。

北海道の野菜との相性はもちろん抜群で、
こうなってくるとまさに産地としての北海道を強く意識する。

「良いワインは旅をしない」という名言がある。
まさに北海道の風土を感じながら飲むからこそ最高。

ぜひ北海道に来て、飲んでほしい1本です。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。