7月まとめ~収穫・出荷スタート~

7月は収穫が本格化する月。
忙しくなってきました。

特にバレイショを手掘りしているので、
それがなかなかに大変。

あとは管理作業も増えてきました。
キュウリやミニトマトがびっくりするくらい伸びるので、
剪定、誘引作業に思いのほか時間が取られる。

露地では雑草の管理のため、
除草剤の散布とロータリーかけを一周しました。
毎月1回はこれらの活動が必要になる。
来年以降もそれを計算に入れて動かないと。

あとは用水路の管理や消防団の研修など、
農業以外の活動もある。
自分の農作業は段取り良く進めておかないと、
突発的な作業が入って慌てることになる。
これも来年に活かしていく。

日中は30度近くまだ上がる日も増えてきたので、
早朝4時頃から活動して、
午後2時前後は休憩、昼寝するようにして体調管理を。

塾の方も夏期講習で忙しい時期が来る。
体調には気を付けつつ、全力でがんばっていきます。

●7月データ●
月次活動合計:283時間(前月比+20.5時間)
月次活動率:153.8%(前月比+4.7%/週40時間=100%)
日照合計:153.7時間(前月+22.2時間)
     平均4.96時間/日(前月+0.58時間)
最低気温平均:16.9度(前月+4.3度)
最高気温平均:24.0度(前月+3.1度)
降水量:49.5mm(前月+25.5mm)

出荷実績(7/19~/出荷日合計10日)
ズッキーニ…16パック( 6%)
ミニトマト…18パック( 8%)
キュウリ…33パック(13%)
ピーマン…13パック( 6%)
大葉…74パック(14%)
バジル…8パック(2%)
バレイショ…36パック(51%)
*( )内は全体の売り上げに占める割合。

天候面では日照量が回復、果菜類の成長もスピードアップ。
一方で降水量は相変わらず少なく、干ばつ状態。
(水はけの悪いウチの圃場にとっては良いことですが)

出荷面ではバレイショの価格高騰に助けられている感じ。
まだまだ数を出していけるようにならないとな。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。