営農週報~除草と定植~

活動時間59時間(先週-2時間)
活動率147.5%(週40時間=100%)

活動時間が減ったのは、
息子の幼稚園の親子イベントに参加したからですね。
一緒に石に絵を描いてブローチ作ってきました。

コロナ自粛空けということで、
家族で水族館にも行ったし、なかなか楽しかった。

一方で農業の方は自分の畑以外にも、
農業バイトを増やしたりしたので、
朝4時から夜22時の塾の授業終了まで、
きりきり舞いで動いていました。

そんな中、野菜類の定植は終わりが見えてきました。
今のところ作付けたのは…
ハウスアスパラ94株、パクチー129株、大葉82株、
ミニトマト94株、ピーマン35株、ナス25株、
カボチャ140株、さつまいも11株、ズッキーニ7株、
キュウリ72株、大豆160粒播種、ジャガイモ200kg分。

あとはビーツと玉ねぎ、長ネギあたりを少し植えて、
ニンジン播種したら終わりというところ。

こんだけやっても畑の利用率は25%くらい。
広すぎるんだよな…。

ブドウはヤマブドウ系数種類とツヴァイ、ゲビュルツなどを仮植。
台木は5C定植、モンペリエは仮植待ち。
あとは挿し木でピノ・グリやピノ・ブランなどを。

遅れに遅れた定植のめどが立って、
ようやく雑草の除去に本腰を入れ始めました。

これまでも圃場周りの除草剤散布と草刈り、
圃場内のロータリーかけや緑肥まきはやってましたが、
いよいよ雑草の生育に負けてきたので、
圃場内もひどいところから除草剤を散布。

ものを植えてマルチしているところは良いが、
バレイショなどの畝間の草取りをすることも考えると、
除草剤の力を借りないと手が回らない。

難しいところです。

キュウリ、ズッキーニ、ピーマンは収穫できるけど、
まだ出荷先がない。

試験栽培だし、仕方がないか。

課題はまだまだ山積み。

がんばるぞ!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。