kondoヴィンヤード スパークリング ピノ・ノワール2014(近藤・泡)

父の日の前日ということで、パーティー。

開けたのは近藤さんのピノ泡。

王冠すらカッコイイ。

香りからすでにパワーがある。
味わいも同じく凝縮感と力強さ。
泡に頼らない自立した芯の強さを感じる。

酸とタンニンがしっかりとした骨格を作りつつ、
それを感じさせない果実感がすごい。
熟成の雰囲気も相まって、
これほどまでに説得力のある泡があるのだろうかって感じ。

奥さんもお代わりまでするほどの魅力。

「これより美味しいシャンパーニュを教えて」と言われたら、
「いや~、あんまりシャンパーニュ飲んでないから…」
と言って逃げてしまうな。
あるのかな?そんなシャンパーニュ。

香り高いが、奥ゆかしさもある。
たとえるなら「お香」だな。

強く香りを放つが、ケバさはない。
香りの記憶は強いというが、
これはほんと、一生忘れないであろう香り。

至高の1本。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。