5月まとめ~いろいろ植わってきました~

4月は施設内(主に鉄骨ハウス、スーパーハウス)を
使えるように整備したことと、
接ぎ木と挿し木がメインの月でした。

それに対して5月は施設内(二重ハウス)の整備と、
機械類の動作確認と実際に圃場で使用してみる、
ということが中心となる月でした。

二重ハウス内は整理が終わり、
物置扱いだったところを耕運してベッドに。
ミニトマト29株、ピーマン29株、
きゅうり72株、ズッキーニ7株を定植。

本来なら同じハウスに違う作物を育てたりはしませんが、
今年は試験栽培だし、薬剤もほぼ使わない予定なので、
大きめの家庭菜園という感覚です。

機械類はトラクターが使えるようになりました。
(メンテと燃料の手配が完了)
作業機の付け外しも基礎は習得して、
高畝のマルチも敷けるようになりました。

これに伴って、露地の圃場にも、
残った枝を挿し木していく作業や、
去年の台木苗の定植などを進めることができました。
あと野菜類ではカボチャを15株ほどど、
大豆を100粒程度播種しました。
バレイショは200kgくらいもらった種イモのうち、
およそ40kgほどが完了。

まだまだ先は長いですね。

あと雑草が多い方の圃場は全面積の粗起こしが済み、
頂いた緑肥(イタリアンライグラス)を撒きました。

来年に向けた土づくりというところですね。

6月は新たにもらったミニトマト50株ほどと、
播種してあったナスや大葉、バジルなどを定植するため、
骨組みはあるが雑草まみれだった、
30mハウスにビニールをかけないと。
(雑草の除去と粗起こしは完了、ビニールも購入済み)

あとは気温も上がり、潅水量も増えてきたので、
井戸からのくみ上げのためにポンプのセッティングと、
潅水のシステムを確立しないと。

サツマイモの苗も少しもらえる予定だし、
去年の接ぎ木苗も定植したいので、
やることはまだまだたくさんある。

無理はしないが、めいっぱい頑張ります!

●5月データ●
月次活動合計:284時間(前月比+34時間)
月次活動率:169%(前月比+27%/週休2日、1日8時間=100%)

日照合計:179.3時間(前月+12.9時間)
     平均5.79時間/日(前月+0.25時間)
最低気温平均:6.5度(前月+6.7度)
最高気温平均:16.9度(前月+6.7度)
降水量:35.3mm(前月-28.7mm)

干ばつ気味の気候が続きますね。
気温も上がってきました。
ここからが果菜類も果樹も雑草も育っていく季節です。

がんばるぞ!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。