甲州 辛口2018(サッポロ・白)

金がないのでワインが飲めない、
と泣き言を書いたら、ワインを頂きました笑

すみません、早く収益を上げて、
大手を上げてたくさん北海道のワイン飲めるようになります。

グランポレールの甲州という品種を使った白。

甲州というと、澄んだ小川のせせらぎのような、
透明感となつかしさというのが僕のこれまでの印象。

しかし、シュール・リーの導入以降、
それだけではない魅力を放ち始めている。

こいつも、小川というよりは日本刀。
シャープさは際立ち、切れ味のよさは抜群。
単なる無個性ではなく、力強さがある。

それでいて、このワインをどう使うかは、
持ち手にすべてを委ねるという感触もある。

うーん。
甲州という品種、興味深いぞ。

元気をもらう1本でした

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。