うれしいワイン(山梨・赤)

今日は野原を粗起こしした畑に緑肥をまく。
これで少しでも雑草が抑えられたら、ということと、
あとは根が地中に伸びるタイプなので、
粘土質の土地を砕いてもらうのが狙い。
イタリアンライグラスというのを撒きました。

効果は半年後、というところかな。

あとは遅れていたバレイショの定植。
「とうや」と「メークイン」は完了。
残りは大量にある「キタアカリ」ですね。

がんばるぞ!

さて、今日のワイン。

もう名前からしてツッコみたくなる。
ワインはうれしくならないだろうよ笑

輸入ワインと混ぜてある。
初日の感想は固く、味気ない感じ。

ただ、3日目になると力強さが出てくる。
おそらく輸入ワインのアタックの強さか。

全体的にバランスは崩れ気味で、
チグハグな印象を受ける。

これもあいぶ前のワインのはずだが、
特に古酒のような感じは受けない。

面白くはあるワイン。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。