観察日記~萌芽~

温室内の接ぎ木苗はついに萌芽。

ま、萌芽したから安心というわけではありませんが。
それでも小さな変化がうれしいものですね。

一方でカビも発生しました。
即座にベンレート散布。

今年の加湿器の性能が良すぎて、
かなり水が滴る状況になっているのが原因か。
もしくは枝の汚れが取り切れていなかったか。

原因を究明しないといけない。

さらに、去年秋に掘り取って暗室に置いてあった苗も、
そろそろ芽が動き出してきた。

露地に定植する予定なので、畑作り急がないと。

去年が5月20日頃からの定植だったので油断した。
植物の動きにこちらが合わせていく、
という当たり前のことがまだ肉体化されていないな…。

余った枝もハウス内に挿し木したいし、
しなければならないことが山積み。

他の作物も定植の時期だしな。
がんばりきるぞ!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。