営農週報~接ぎ木作業は終了~

4/24~31までのまとめです。

活動時間は56.5時間(先週+3.8時間)
活動率141%(週40時間=100%)。

今週はとにかく接ぎ木と挿し木に明け暮れました。
その結果、接ぎ木はようやく作業終了。
ほぼ1000本の接ぎ木終了です。

年産1万本をめざすなら、台木は少なくとも20倍は必要。
(接ぎ木の成功率は50%程度だから)

この後は接ぎ木に使えないくらいの細さ(6.5mm以下)の、
台木の枝をなるべく多く挿し木して増やしていく作業がある。

加えて、たくさん頂いた穂木の枝の残りも、
もったいないので時間が許す限りは挿し木したい。

来週からは軽トラも稼働するし、
ビニールハウスの部材の運搬もしないといけない。

優先順位を決めて動いていかないとな。

いよいよ芽吹きの季節。
仮植も近づいてきた。
しっかり準備して動いていくぞ!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。