接ぎ木苗の温度・湿度管理。

接ぎ木そのものの技術も大事だけれど、
そのあとの温度と湿度の管理も重要。

去年の加湿器よりグレードアップしました。
「強」にしておくと、蒸気(?)がすごい。

ハウスの中にさらにビニールでトンネルを作り、
その中で加温と加湿。

外気は最寄りのアメダスで、
今日は最高気温8.6度、最低気温が-1.9度の北海道。
中は温度が27度くらい、湿度は80%というところ。
(写真を撮るために空気を入れ替えて70%に下がってます)

これをしっかり維持しながら生育を見ていく。

あとは温度が上がり始める時期が大変なんだよな。
寒冷紗もスタンバイOKです。

さて、今年の成功率は何%くらい行くかな??

随時、報告していきます!

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。