クリサワブラン2016(栗澤・白)

今日は悲しい出来事があったので、
とっておきのクリサワブラン。

嬉しいことがった日も、つらいことがあった日も、
つい手に取ってしまうのはこいつなんだ。

嬉しい日に開けると、
これほど甘やかで豊潤なワインはないと思う。

今日は、少し酸が手厳しいな、と思う。

ほんと、ワインは気分によってもその顔を変える。

甘さも酸も、どちらもクリサワブランの一面であり、
いずれもがその美しさを構成している要素である。

きっと、人生もそうなんだろう。

今日の出来事が、未来の笑顔につながるように。
できることは、精一杯生きることだけなんだろう。

クリサワブランの芯の強さが、僕を癒していく。

ひとつの人生のようなワインです。

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。