接ぎ木用の穂木を引き取りに行ってきました。

今日は接ぎ木用の穂木を頂きに。

したら、折からの強風でコンパネが巻き上がって窓に激突!

まじか…
こんなことが起こりえるとは…。

今日の北海道は風が強いから、
ハウスとか飛ばされないように開け方気を付けてたけど…
まさか停車中の車に木の板が飛んでくるなんて。

しかもそれがクリティカルにヒットして、
窓がひび割れるなんて…。

予測できない出来事というのは、
本当にいつでも身近にあるもんなんだな。

修理代は4万6000円。

いや、地元の修理屋さん、がんばってくれましたよ。
フレームいってなくてよかった。

でも、痛いなコレ…。

ま、金でなんとかなることで良かったと思おう。
体に当たって骨折とか、後遺症残るケガとか、
そんなことよりはずっとマシだ。

やれやれ。

さて、気を取り直して今年の接ぎ木に向けて。

品種は去年同様のリースリング、シャルドネ、
ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・ノワールに加えて、
ヤマソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、
メルロー、ツヴァイゲルトレーベ、セイベル、
カベルネ・ソーヴィニヨン、ミュラー・トゥルガウ、
ケルナーなどにも挑戦していきます。

台木はすべて5C。
これは仮結論として、北海道には5Cが一番合っていると思うから。

もう少し経験を積んだらほかの品種も考えるが、
まずは5Cを固定して試行錯誤してみます。

いや~、スタートから波乱万丈な感じ。
今後が楽しみだわ笑


 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。