営農週報~ブルーベリー剪定、鉄骨整備~

今週も引き続き、鉄骨ハウス内の整備を。

半面が終わったくらいですね。
いろいろな物を頂いたり、安く譲ってもらって、
少しずつ装備が整ってきた感じです。

穂木の準備も万全で、いつでも挿し木できるぞ、
という体制なのですが、整備が追い付かず…。
早めに進めて、接ぎ木は余裕をもってやりたいところ。

思った以上にスタートには苦労が多い。
課題は無限だが、時間は有限。
しっかり段取りを組んでいかないとな。


また、先輩農家にブルーベリーの剪定も教わった。
古木が多く、古い枝が残っているので、
今年はまずそれらを整理するところから。

どの枝を選んで残すか、といった本格的な剪定は、
今年の秋以降になりそうですね。
これまた150本以上はあるので、進めていかないと。

あとは堆肥をどうするか、という問題とか、
軽トラの車検とか問題もいろいろ。
免許の更新の手紙まで届いて、
ド頭からてんやわんやな展開です苦笑

ひとつひとつ片づけていきます!

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。