営農週報~鉄骨ハウス片づけ、播種~

さて鉄骨周りの除雪も済んだので、いよいよ作業開始。

まずは、使われてなくて汚くなっている鉄骨ハウスの中を何とかしないと。
ここに苗を置く高設台を作っていく予定なので、
できれば長年使っても大丈夫な感じに整えたい。

というわけで、知り合いの農家さんに安く譲ってもらった防草シート。
大量購入で値下げしてもらった価格そのままで、
100m分だけ売っていただきました。感謝。。。

その前に、敷き直す半面だけ物をすべてどける作業。
頂いてきたロッカーや棚も置いてあったので、
動かすだけでも一苦労。

これまたもらったソファーに腰掛けながら、
作業の計画や鉄骨内の配置を考える。
いや、思った以上にこのソファーの存在は助かる笑

これなかったら地べたに座るか、
ヤンキー座りで物を考えないといけない苦笑

しかしながら、防草シートを切るためのカッターが無く、
(いちいち、アレが無い→買いに行く、のパターン…)
仕方ないので剥がすだけにとどめて圃場の見回り。

このパーゴラも雪が溶けたら使えそう。
奥はブルーベリー。
萌芽はまだのようです。

あとは、コロナで幼稚園が休みになってしまった、
息子の面倒を見ながらでもできる作業を進める。

今回はブドウの播種(はしゅ/種まき)。

去年、うちの庭になったナイヤガラの種を、
冷蔵庫で保管して低温に当ててあったので、それを播く。

もちろんブドウは実生(みしょう/種から育てる)だと、
親品種と形質は異なってしまうので、
萌芽してもそいつは「ナイヤガラ」とは言えない。

いわば、新品種です。
ただ、将来的には育種も興味があるので、
今のうちに経験しておく意味でのチャレンジ。

息子も種を落としてくれました。

あとは育ててみたい作物の種もいくつか買い出し。
庭用のバジルと、あとはアスパラ、カボチャくらいかな?

ハウスがあれば育ててみたい野菜もいくつか。

全てが楽しい時間…笑

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。