花散里2018(マオイ・赤)

果実酒研究会の試飲ワイン。

源氏物語より「花散里(はなちるさと)」という名のワイン。

岩手のヤマブドウを使用した赤。

第一印象はやはり野性的。

つかみかかってきそうなアタックと土っぽい香り。

奥に果実の印象もしっかりあるので、

タンニンや酸が落ち着けば、果実感が前に出るかも。

数年置いて楽しむとよさそう。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です