雁多尾畑スパークリング2017(大阪・泡)

木谷さんのお土産ワインを奥さんの誕生日パーティー、パート2に使用。

今回は中華粥だったので、日本の泡から選びました。

いや~、合うと思って選んだけれど、

予想以上にマッチしていてびっくりした笑

中華粥は、おかゆなんだけど鶏がら出汁を強くきかせて、

ショウガもニンニクも使っている。

あと味変要素で焦がしたおあげや刻みネギ、あとゆで卵なども。

そういう複雑さを持った料理にぴったりワインがマッチしていた。

暖かい地方のワインというと酸が弱いイメージがあるが、

これはしっかりとした酸が骨格を作り、

程よい苦味が複雑さを増してくれている。

熟成でエッジが効いて、今がまさに最初の飲み頃だと感じる。

2日連続、最高のワインで誕生日を楽しめました。

にしても、この2本のおかげで誕生日ワインからは落選した、

ルジェのパストゥとかはどこで飲めば良いんだろう?笑

来年か…?

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です