ピノ・ノワール2017(アツシスズキ・赤)

余市のラフェト。ドメーヌ アツシスズキにて。

3種類あって、ピノ・ノワールのみ試飲。

ここはツヴァイゲルトが最高においしいが、

それを彷彿とさせる力のあるピノ。

アタックも十分にあるので、

北海道の繊細なピノ、というイメージを覆してくれる。

冷涼な気候の北海道は、今やピノの産地といえる。

これからは様々な造りのピノが出てくるはず。

そんな未来に思いをはせてしまう素敵な1本でした。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です