ヨイチノボリ オー・リー2017(タカヒコ・赤)

余市のラフェト、ドメーヌ タカヒコ3本目。

O-Lie(オー・リー)というキュヴェ。

日本語で澱(おり)の発音と、フランス語の檻を意味するLie(リー)がかかっていて、

なかなかしゃれたネーミング。

見ての通り、とても濁っている。

昔からこの澱際や、少し笹濁ったワインが好き。

それをいうと自然派好きと思われるけど、特にそういうわけでもない。

ただ、ノンフィルター(無濾過)派ではあるな笑

より個性的で複雑になるところが好き。

パワーもあるので、食べ物に合わせたくなる。

暑さに負けないワイン。

これはうまい。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です