ナナツモリ2017亜硫酸なし(タカヒコ・赤)

昨日に引き続き、ドメーヌ タカヒコ。

次は亜硫酸の添加「なし」バージョン。

香りや雰囲気は同じだけれど、

「あり」に比べると少し華やかさに欠ける。

亜硫酸の添加の有無は、まるで女性の化粧のようだ。

ものすごく多い量が入っていると救えないが、

少量入る程度だと洗練された雰囲気になる(気がする)。

前回のみ比べた感想とやはり同じだが、

現段階で飲むなら「あり」の方が確実にウマイ。

年月を経てどう変化するかは、今はまだわからない。

さてさて、この2種類がどう変化していくか。

面白い実験だな~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です