ナナツモリ2017亜硫酸あり(タカヒコ・赤)

余市のラフェトで試飲したワイン。

ナナツモリのピノ・ノワール2017。

「亜硫酸あり」のキュヴェと「亜硫酸なし」のキュヴェがある。

今回は同一ヴィンテージであり・なしの飲み比べができました。

しかしそもそも暑い日に外でワインの味をとるのは難しい…。

風が強くて香りも取りにくいし、

液温もやや高めで、のどが渇いているのですぐに飲み干してしまう。。。

とはいえ、主張の強さは健在。

まだ開けるのが早いのか、子供のような感じ。

まだまだコロコロ笑う女子というイメージで、

女性的な魅力が出てくるのはもう少し後かな。

しかしこの元気さも悪くはない。

複雑さがない分まっすぐで明るい。

なぜはタカヒコさんのワインはいつも女性をイメージする。

フランスのブルゴーニュのピノは王様、

ボルドーのカベルネソーヴィニヨンは女王様と例えられるのに、

それとは逆の印象。

でも、何年飲んでても女性のイメージは変わらないし、

むしろ飲む度にその印象は強まっていく。

不思議だ~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です