モセウシ ロゼ2017(栗澤・ロゼ)

「愚痴を言いたくなったら、良いワインを飲め」という格言もあるので(?)

今日は良いワインで気持ちの切り替え。

栗澤ワインズ、kondoヴィンヤードのモセウシロゼ。

生産本数はわずかに378本しかない。

これをピザに合わせて。

エビとジャガイモのクリームソースと、

チキンとコーンのトマトソースの2種のピザ。

ホームベーカリーが生地をこねてくれるのでかなり楽。

ワインは、ロゼと言う感覚で飲むとびっくりする。

ロゼというと、ゆるふわ系の女の子のように、

やわらかくほの甘いイメージ。

こいつは芯がしっかりしていて、力強い味わい。

見た目はたしかにキレイなピンク色で、

そういう点ではパステルカラーのアンサンブルって感じですが、

いやいや性格はキリッとしていて、

変な風に声をかけたら肘鉄くらいそうな強さがあるよ。

これを色の見えないグラスで出されたら、

僕は自信満々で「ピノ・ノワールの赤ですね」と答えてるな。

香りの華やかさ、味わいのふくらみ、余韻。

赤ワインのとしての性質をすべて兼ね備えている感じ。

誤解を恐れずに言うなら、

これを「ロゼ」と呼ぶのは勿体ない気がするな。

王道の素晴らしい赤ワインの魅力です。

人を虜にしてやまないのは、こういうワインなんだ。

前向きに、真っ直ぐ切り拓いて行こう。

そんな前向きな気持ちにさせてくれる1本です。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です