タプコプ ブラン2014(近藤・白)

今日はパーティー。

ムール貝とホタテのアヒージョ、

鶏肉のトマト煮込に白身魚のフライ、

ちょっと高いソーセージ焼いて、パンもたくさん。

1歳半の息子にはポークビッツも。

で、合わせたのはタプコプ・ブランの2014。

まだ栗澤ワインズが出来る前のアイテム。

年月を経ると酸が丸くなるというイメージがあったが、

これは酸はしっかりと骨格を形成している。

いわゆるストラクチャーがしっかりしているというやつだな。

そしてその周りにリッチな果実味が包み込んでいる。

そのリッチさは熟成で増していく印象を受ける。

フランクフルトがアメリカンドッグになるような感じ笑

中の棒が酸で、周りが果実味だ。

トロピカル・フルーツがたくさん入ったバスケットみたいな果実感。

とっても楽しくてはしゃいでしまう雰囲気を、

ワインがさらに盛り上げてくれる。

家族みんなで幸せなひと時でした~。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です