ナイアガラ・ナチュラル・スパークリング2018(藤野・泡)

これまた余市がらみと言うことで。

余市の登地区のナイヤガラを使用。

ナイヤガラだが残糖感はない。

爽やかで瓶底は濁りが増す。

こういう造りは個人的に好きだな。

生食用ブドウの特有香は控えめで、

ほんのりした甘さと、キレイな酸が目立つ。

透明感と、料理にも合わせると懐の深さ。

夏に合う清涼感。

美味いです。

人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です