ナナツモリ・ピノ・ノワール2017亜硫酸あり(タカヒコ・赤)

ワインヘリテージのワイン。

このアイテムには「亜硫酸あり」のキュベと、

「亜硫酸なし」のキュベがある。

その両方を飲み比べ。

今飲むなら、亜硫酸ありのこっちのほうが美味しいんだよな。

ワインの質という意味では、こちらの方が上かもしれない。

洗練された印象を受ける。

ただ、気持ちをそのままに歌った歌と、

技巧を凝らして歌った歌、

どちらに心が震えるのか?という個人の問題だけは残る。

僕個人としては、ありのままが好きというそれだけ。

いやいや、それにしたってこっちが美味しくないわけじゃないし、

「じゃあ飲まないのね?」と言われたら迷わず飲みます笑

いつもながら、女性をイメージする優しく繊細な味わい。

か細いが、芯の強さがある。

うーん、一度静かに家でボトルを楽しんでみたいなー、なんて笑

 人気ブログランキングに参加しています。
北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です