クリサワブラン2017(ナカザワ・白)

3月に行った、ワインヘリテージで飲んだワイン。

栗澤ワインズを構成する3生産者のうちのひとつ。

ナカザワ・ヴィンヤードの作品。

クリサワブランは北海道の白のすごさを痛感させてくれたワイン。

こういう場で出会えるのはほんとうにうれしいことです。

今回は料理と合わせられたことも良い経験になった。

合わせたのはホッキ貝のシャブシャブ。

ホッキとワカメを軽くお湯にくぐらせてくれる。

それをポン酢につけて食べる。

この歯ごたえを感じないほどのホッキの柔らかさと甘み。

そしてワカメの旨みまでひっくるめて、

まだ若いクリサワブランの酸を丸めてくれる。

ちょっとツンとしたところをうまくいなして、

それをすべて魅力に換えてくれる。

クリサワブランは熟成した後が真骨頂だと思っていたが、

料理と合わせて若いヴィンテージを飲むというのも、

また違った魅力があって良いな。

素晴らしい出会いに感謝ですね。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です