祝2017(山梨・泡)

原田商店の試飲会ワイン。

毎年リリースを楽しみにしている泡。

名前も良いですよね。

お祝いに使いたくなる1本。

ま、由来は地名ということです。

酸と泡は控えめで、なんとも優しい。

甘さと香りもバランスが良くて、 これは最高の泡だと思う。

スパークリングってバランスが難しくて、

泡が弱すぎると香りが立たないし、

強すぎるとCO2のせいで辛くなる。

特にデラウェアって、 どこまで香り出すかが難しそう。

そういう意味で、突出しないという魅力が素晴らしい。

また会えることを楽しみになる1本。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です