ナカイミュラワ2018(栗澤・泡)

挿し木をなんとか終わらせたので、祝杯。

近藤さんのワイン。

栗澤ワインズ醸造。

第一印象はレモンやライムの爽やかさ。

今までのヴィンテージは一番印象に残るのはパッションフルーツだったので、

少し雰囲気が変わったな、と思う。

とはいえ、今日の達成感に満ちた雰囲気では、

コチラの方が合っている。

そしてビン底に近づくほど濁ってくる。

ここは変わらない良さだ。

うーん、アルコール度は低いが、酔いしれてしまうな…。

人気ブログランキングに参加しています。

北海道のワインを全国に広めるため、クリックをお願いします!

投稿者: chatnoir2010

北海道初のワイン用ブドウの苗木屋を目指して奮闘中。2019年は新規就農研修、最後の年。いよいよスタート間近。がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です